膀胱の違和感

膀胱の違和感

膀胱の病気や症状もありますから、ここが何かおかしいと感じる場合もあるかもしれません。
たとえば排尿時に痛みがあるといった症状です。
普通はおしっこをしたときに痛みはないですよね。
それがあるときから痛むようになり、膀胱のあたりがツンと痛むなどしているとき、何か違和感を覚えることもあるでしょう。
頻尿や残尿感も膀胱に不安を覚える異変かもしれません。
水分を取るとおしっこが出るのは普通のことですが、それがあまりに頻繁に起こるようになると、それは頻尿という症状の可能性があります。

症状がひどくなると一時間に何度もトイレに行きたくなるなど、日常生活に不便が生じることもあります。
残尿感とはおしっこを今したのに残っている感じがするという症状です。
本当に残っていることもありますが、実際には膀胱におしっこがほとんどないにも関わらず、あるように感じられる場合もあります。
このような症状が出たりすると、膀胱に何か違和感を覚えることもあるでしょう。
このほか、膀胱のあたりが痛い、普段はない感覚があるなど、何か違和感があるときにはそれは膀胱の病気や症状が出ている可能性があります。

膀胱の違和感は性病?

膀胱の症状は性病なのか気になる方もおられるでしょうが、その症状が出ていれば性病の可能性がかなり高いとは限りません。
性病とは関係なく、膀胱の症状が出る場合もあるためです。
たとえば女性がなりやすい急性膀胱炎など、排尿時の痛み、下腹部の痛み、頻尿、残尿感など、膀胱の違和感としても感じられやすい症状が出ます。
頻尿や残尿感などは加齢によって男性でも女性でも起こるようになり、それが原因という可能性もあります。
性病が原因でその症状が起きている可能性もありますから、実際には病院を受診したときに医師が問診や検査を行って判断する形となります。

膀胱の違和感は何科に行けばいい?

性病の可能性、それ以外の膀胱の症状の可能性もある場合、何科に行けばいいのでしょうか?
このときは泌尿器科が比較的おすすめです。
あまり聞いたことがない病院になるかもしれませんが、こちらは泌尿器といって尿に関連する部位を診ている病院です。
膀胱は泌尿器の一つになりますから、こちらに違和感や、それを覚える原因となっているその他の症状がある場合など、泌尿器科を受診すれば診察してもらえます。
こちらでは泌尿器科領域の性病にも対応している例が多いですから、その違和感が性病かその他の病気か判断できないときはこちらを受診して調べてもらうといいでしょう。